<   2006年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
食いしん坊が行く(韓国編)③
さてさて
3日目(ごまたの場合ですが。。。)の18日は
ゴージャスにガイドさんを雇って美日々ツアーです。

思えば、ごまたはこんな風にガイドさんを雇ってどこかを見に行くってことはしたことなかったなぁ。。。
日本にいるうちからツアー会社の方とはびばさんが予約から見学希望場所などいろいろ手配をしてくれました♪

ってなことで
朝8時のPickUp場所はごまた以外が泊まっている超高級ホテルということで。。。
7時過ぎにはホテルを出て地下鉄へぇ
朝ご飯を食べてる時間がなかったので、駅構内で売っていたキンパ(1000ウォン)を購入
最寄駅から超高級ホテルまではタクシーで5分
が。。。ここでハプニングが。。。ホテルに到着して運賃2000ウォン(安!)だったのですがごまたは10000ウォン札しかなく、運転手はどうやらおつりがない模様。。。
急いでフロントまで駆け込み両替してもらって支払い
あー一安心。。。と。。。思ったら。。。キンパをタクシーの中へ置き忘れ。。。
あぁぁぁぁごまたの大事な朝ご飯がぁ。。。。
そんなごまたを見かねて優しいえんさんが、なんと「ボンヌベール」のパンを分けてくれました♪
災い転じてなんちゃらって感じですねぇ(^o^)丿
んで、ホテルに行ったついでにエレベータホールなんかをチェック!
驚いたことにここにお泊りの3名。。。エレベータホールをまだチェックしていなかった模様
まぁ。。。帰るまでに何度でも見れるもんねぇ
そーこーしているうちにいざ出発!出発ぅ
まずは。。。ミンチョル邸へぇ
市内から結構距離がありましたねぇ。現在どんな人がお住まいなのかガイドさんに聞いたらば、いくつかの会社を経営している実業家さんとのことでした♪

d0059113_033797.jpgまずは正面の門から
あら、セ@ムの看板?がなくなってる。。。









d0059113_23532951.jpgここはごまたが個人的に非常に気になっていた、門の前の勾配。。。だってミンチョルカー時々止めるときに「ガシッ」ってこすってる音が聞こえてて、BHssi運転ヘタなんか?って疑ったことあったんですよねぇ。かなりの勾配です。ここに止めたら誰でもこすりますねぇ

d0059113_23562983.jpgで。。。現在、ミンチョル邸にお住まいの犬の鼻先です(爆)
あ、屋根の上の吼えまくる犬は某動物写真家さんが激写してました
(それは親方さまのところにUPされてますから見てきてね♪)



d0059113_06051.jpgあ、隣んチも一応写真撮っておきました。イナにとっては因縁の場所ですね












次に向かった先は。。。
d0059113_093696.jpgセナとヨンスの待ち合わせ場所八角堂です。
残念ながら、すれ違うきっかけとなったトイレはなくなってました。
ソウルタワー自体がロケした後に改修されてめっちゃこぎれいになったんだとか
ウッドデッキテラスなんかもありました

d0059113_012475.jpg

次は結婚式をした南山公園、やっぱし意外と狭いなぁって印象でしたね
某えんさんは、別の階段もチェックしてました(何のドラマで使ったんでしたっけ?)












次は車に乗ったままでしたが
新村でビクトリーレコードとソンジェが通っていたことになっている
延世大学(キリスト教系の総合大学で韓国の慶応大という感じみたいですね。ソウル大・高麗大・延世大に1浪以内で合格すると兵役で優遇されるらしいです。。。)
弘大前(あら?昨日も来たわよ。。。でも、何度でも見たいもんねぇ)
てなことで、ここいら辺の写真はありません(-_-;)
そんなこんなでお昼の時間
d0059113_032891.jpgお昼は海鮮スンドゥプチゲ(豆腐チゲ)でした。
ガイドさんが結構辛いから、あまり辛くしないようにお店の方にゆーてくれたんですが。。。
充分辛かったです。でもむちゃくちゃ美味しかったですよぉー
お豆腐がプリンのようにプルプルしてました。









おいしいもん食べてお腹も心もごきげんさんになったところで。。。
d0059113_0364199.jpg
ナレの家にとうちゃーく
あー玄関はそのまんまって感じですねぇ
でも道幅狭いなぁ。。。ミンチョルカーを横付けのシーンはなかったよねぇ。ありましたっけ?












d0059113_040350.jpgここの下の道路からミンチョルが悲しげに見上げてたんですよねぇ。。。
どうしても同じ風景を撮りたかったんですけど。。。
木が邪魔なのよぉぉぉぉぉぉ




d0059113_0433880.jpgヨンスが泣いていたシーンが印象的な公園のベンチ。あ、茫然自失のミンチョルもここに座ってたな。。。
あまり幸せなシーンでは使われなかったベンチ君です。。。




d0059113_0495116.jpg
言わずと知れたBHssiが駆け上った坂道です(ちなみに台湾バージョンはあのシーンが丸ごとカットされてます)ヨンスと並んで歩いているシーンがありますが。。。横二人並ぶに結構無理があるような狭い歩道なんですよ。。。そして確かに横の車道は下り一歩通行でした。。。ミンチョルってば。。。










この後、いよいよごまたが楽しみにしていたプデチゲの「パダ食堂」へぇ
d0059113_114938.jpgあれ???
店の中からなんかパイプが出てる???
んんん???
うわぁぁぁぁぁぁ「定休日」だ。。。
ネットで調べたときには年中無休ってなってたのにぃ。。。
ガックシ。。。



気を取り直して
初日に行きそこなった
チョンダムゴルへぇ
ここはBHssiがドラマに出演していた時代によく訪れていたお店らしいです。
ここで食べたのは。。。
d0059113_15772.jpg

デジカルビ
豚の切り身がでかい!分厚い!
でも、美味しかったぁ







d0059113_153154.jpgタットリタンです。
タットリタンは超辛かったんですが、段々ジャガイモが煮崩れてきて甘味が出てきて
うまかったですよぉー
ここで某動物写真家さんが
口から火を吐く出来事が起こったんですねぇ

満腹の状態で本日最後の予定のこのお店♪
Once In A Blue Moon
d0059113_118857.jpg
カッコエー
が、しかし。。。あいにく2階はステージが見える席は満席とのことで
1階の席へ。。。













d0059113_120939.jpg
ステージはこんな感じでした。

でも、ここってジャズバーなんだけど。。。「禁煙」なんです
なのでごまたは大半の時間を外で過ごしました(爆




こんな感じで美日々ツアーの夜はふけて。。。
って思ったらこの後、チェ・ホンマンに遭遇!!!
そう、そしてこの日はサッカーの試合の日(正確には翌朝4時から)
帰りの電車はすでにレッドデビル軍団であふれかえっていました。。。

次回は最終回です。
[PR]
by gomazokun | 2006-06-28 23:44 | お仲間情報
食いしん坊が行く(韓国編)②
さて、今回はご期待にお答えして
食べ物満載ですよぉー(えーっとごまたが撮ったのは一枚もありません。。。爆)

さてさて、ごまたがホテルで呑気に昼寝をしているころ。。。
ぼやっきーさんとびばさんが金甫空港ご到着ぅ

で、ホテル(ごまたとは別のホテルです)到着するや否や
BHssi御用達のここでランチ♪
『ポモドーロ』(江南エリア)
まずはお店の外見から♪
d0059113_0382998.jpg

そしてBHssiがお気に入りの
Spaghetti al Frutti di Mare(Spaghetti with fresh seafood in Tomato Sauce)
メニューの7番です(爆)
直訳すると『新鮮魚介トマトスパゲッティ』
d0059113_0454268.jpg
左奥はピクルス?まさか水キムチじゃないよねぇ。。。しかし。。。形が乱切り???

さて、お腹が一杯になったぼやっきーさん、びばさんコンビは
その頃仁川空港からホテルへ到着したえんさんと合流して
『PASCUCCI 狎鴎亭ロデオ店』
파스쿠찌 압구정로데오점)パスクーチ アックジョンロデオジョム
とかアックジョン周辺をうろうろしたらしいです(爆
で、ヨイドへ移動して。。。63シティービルとか隣のオフィステルなんかを。。。見たの???
(ここは見たのか未確認でした。。。)
そこの近所にある「汝矣島聖母病院」って美日々の終わり際にBHssiが入院した聖母病院なんだろうか???(すみません。今頃地図を見てふと疑問が。。。)
で、ランチからそんなに時間がたっていないのにもかかわらず(爆)
じゃーん!こんな豪華な晩餐を召し上がったらしい。。。
「雲山」
(開城(ケソン)地方伝統料理だって。。。韓定食で有名な「龍水山」の分家なのかな?ごまたは行ってないので詳細不明。。。爆)
ちなみに「開城」は今は北朝鮮ですね
残念ながら「甘い人生」でソヌとカン社長の密談が行われた「雲の間」は
「土曜日は一般の方は予約できません」と日本にいるうちにお断りされました。。。
さてさて、どんな料理だったのかなぁ。。。
ほにゃっきーが妙訳してくれたコースメニューはこれです♪
蕙 園 定 食
         おかゆと水キムチ, チォングポムック, 個性ナムル,
          個性ゾラングトックグック, クチョルパン, 7色海産物からし冷菜,
          サーモン回御刺身和えもの,開城式チェユッボッサム, 銀神仙炉,
          専有化緑豆入り焼き物, 蓮根前枝前,
          大河料理, ソゴギピョンチェにらごまの葉和えもの, 淡水うなぎ焼き,
          カルビ焼き物, 宮廷ボッサムキムチ
食事 / 選択  三色ナムル, みそ汁とご飯竄流 3種, お焦げと姜みそチゲ竄流 3種,
          温麺/冷麺竄流 3種
デザート    山水画, みどり果物花采, 季節別漢果, 個性薬果, 新鮮な季節果物

あ、前置きが長くなりすぎました。。。写真写真っと
d0059113_2591291.jpg
まずはお部屋はこんな感じ♪
右上の風船が気になりますが。。。
(^o^)丿















d0059113_1395259.jpg


ナムルの前菜










d0059113_2364792.jpg


ドラゴンスープ
どうやら貝のスープらしいです













d0059113_141516.jpg

パッジョン
緑色のはズッキーニかな?














d0059113_1534787.jpg

クチョルパン(九折板)をくるくる巻いてくれているお姉さん
8品目のナムルなどを薄い餅で包んでこれで9品目です。
八角形の漆器に入って出てくる場合が多いですが。。。
ここではどうだったんでしょうか?
両手に御箸???








d0059113_2332848.jpg


淡水ウナギ焼き














d0059113_2354399.jpg


シンソルロ(神仙炉)
牛肉・魚などが入った塩味のあっさりスープ(多分。。。爆)












d0059113_252625.jpg


柿のムース(山と雲を表しているらしいです)
ん?山はわかるけど。。。雲はどこだろ。。。
誰か雲を食べちゃった???



d0059113_257750.jpg


んで、この雪だるまみたいなんはどれに入ってたんだろ。。。
スジェビ(すいとん)のようにも見えるし、トックのようにも見えますねぇ

ほ~んとうまそうなそしてゴージャスな雰囲気ですねぇ

え?ごまたはどうしてたのかって?
[PR]
by gomazokun | 2006-06-27 00:46 | お仲間情報
食いしん坊が行く(韓国編)①
お待たせしました♪
やっと食いしん坊のチン道中が纏まりました。
今回の旅行の概要はですね。。。

6月16日~20日(4泊5日)←これはあくまでもごまたのスケジュールで各々現地集合現地解散でした。
16日は夜に「明洞B級グルメめぐり」
17日は一人で「BHssiロケ地めぐり」
18日にはぼやっきーさん、びばさん、えんさんと「美日々ロケ地ツアー」
19日にはぼやっきーさん、びばさんと「KTXに乗って遠くへ行ってみようツアー」
20日は仁川ロケ地確認&帰国
って感じです。


6月16日
関空より全日空便にて仁川空港へぇ
高度を下げつつある時にバンジージャンプのあの歌を聞きながら♪
仁川空港からリムジンだと90分程度かかるし、丁度夕方到着だったのでラッシュも考慮して、金甫空港まではリムジンそこからは地下鉄で移動することにしました。
で。。。リムジンのチケットを購入する際に有無を言わさず「安いほうのチケット(4500ウォン、デラックスは6000ウォンでした)」を渡される(-_-メ)
やっぱ身なりは大事だよねぇ。。。
金甫空港駅にて今回の市内の移動にはかかせないT-moneyカードを購入(JRのスイカ・イコカみたいなもんです。保証金が2500ウォンで後は1000ウォン単位でチャージします)
20時頃にホテルに到着し、ちょいと休憩した後、明洞へ(ホテルから徒歩5分くらい)

路上に服・サングラス・帽子・怪しいバッグなどを売っているワゴンと食べ物の屋台がたくさん出ていて雑多な雰囲気に嬉しくなってしまう(w
そして、野外ステージでは次から次へと人が登場してきてダンスやら歌の披露をしています。ギャラリーも結構な数です。
ここで、おでん・とっぽき・ソーセージをステージを眺めながら食べる(あ。。。写真はありません。。。最初っからこれやし。。。)
このソーセージっていうのが、日本のフランクフルトほどの太さで長さが7,8センチのものが5本!串刺しになっていて、それぞれプレーンなソーセージ、つくね風、唐辛子風味などなど全部味が違うんです、これが2000ウォン
とっぽきは日本で食べるのよりも辛くてにんにくの風味が強かったですが、すごぉーくモチモチしてておいしかったです。これも2000ウォン。ソヌも食べていたおでんは1本1000ウォンでした。
そして、コーヒーでも飲もうかと明洞のパスクッチへ。。。レギュラーコーヒーが4500ウォン(結構いい値段かも)
一口飲んで「ウゲッ」えーっとコーヒーの香りがするお湯でした(爆
まぁ、これである意味「あぁー韓国に来たなぁ」って実感がますます沸いてきました(w
そんなこんなで12時くらいまでウロウロしてしまいました。。。
ホテルの最寄駅は地下鉄の忠武路(チュンムロ)駅だったんですが、そこの改札から4番出口に向かう途中にあった
今回、唯一のBHssiの写真です(爆
d0059113_1215981.jpg

d0059113_1221377.jpg


6月17日
この日は一人で翌日のツアーでは行かない予定の場所を回る
で。。。ホテルでの朝食は以前、掲示板に書いた「怪しい和定食」(ごま油で焼いた目玉焼きその他です)
取り合えず、ホテルから遠いところから回ることにして、弘益大正門を目指す
が。。。ホテルを出た途端に、若い女性二人に韓国語で道を聞かれる(この後、帰国するまで何度も何度も道を聞かれました。。。自信満々に見えたのかねぇ。。。ガイドブックや地図を手に持ってたのに。。。)
さてさて、気を取り直し地下鉄に乗り「弘大入口駅」へ
ここはごまたの大好きな19話のミンチョルがヨンスを待ち伏せした交差点があります。
6番出口を出てPIZZA HUTの角を左折してずずーっと直進します。そうすると今は大工事中の弘益大学の正門にぶち当たります。んで右後ろを振り返ると。。。こんな風景が。。。
d0059113_1263972.jpg

が、しかし。。。確信が持てない(道幅が思ったよりも狭いんです)。。。キョロキョロするとこんなものがぁぁぁぁーーー
d0059113_1334898.jpg

ミンチョルが一旦隠れてから、降りてくるあの階段では???
なんだかワクワクしてしまうごまたでありました。
そして。。。丁度バスが!ミンチョルが見た光景はこんな感じかなぁ。。。
d0059113_136794.jpg


さて、次は一駅戻って「新村駅」へぇ
ここはあの「VICTORY RECORD」がある駅ですね
2番出口からずずーっと左側を道なりにここも直進です。
え?って思うくらいこじんまりとした店構え。。。
みなさんご存知かと思いますが現在は「SYNNARA RECORD」です。
d0059113_1423790.jpg

ミンチョルがヨンスを「パダだぁぁぁぁぁ」へと拉致った現場はここいらへんか。。。
d0059113_1432538.jpg


さて、次は市庁駅までまたまた戻ってっと。。。
市庁駅の12番出口を出たところにあるのが。。。大漢門です。
d0059113_26182.jpg

かつての王宮である徳寿宮(トクスグン)の正門だそうです。
徳寿宮といえば明日は愛のボムスが変な外人のオネーチャンに呼び出されたところですね
で、時間がないので中には入らずに(w)
その横の徳寿宮石垣道(トクスグン トルダムキル)へ。。。そこは。。。閑静な風景でした
d0059113_1553383.jpg

丁度、向かいにあるソウル市立美術館ではピカソ展を開催中でした。
その徳寿宮石垣道をズンズン進むと。。。これです♪
インウが待ちつづけていたバス停(の壁だけですが。。。)
d0059113_157268.jpg

と。。。ここまで来た所で
気温30度の中を歩き回ったおかげで、足腰が。。。そして眠い。。。疲れた。。。
ってことでホテルへ帰ってちょっと昼寝することに(爆
15時にソウル在住の友人に電話をすることになっていたので、
それまでちょいと休憩

コレクションも一休み。。。つづきはまた明日(多分。。。)
[PR]
by gomazokun | 2006-06-25 01:26 | お仲間情報
韓仏修交 120周年記念式
いやぁ
心配は杞憂に終わりましたね。。。(だよね?ね?)

『映画俳優イ・ビョンホンが 4日午後ソウル西大門区在韓フランス大使館で開かれた韓仏修交 120周年記念式祝辞をした.大学で仏文学を専攻して来る初フランス文化広報大使に委嘱されたイ・ビョンホンはこの日午後 7時在韓フランス大使館が主催した韓仏修交 120周年記念式に参加した』

たしか、ここのお庭はマスコミ初公開とかでこの部分でも話題になったような。。。(違ったらすみません。。。)
d0059113_2253847.jpg

d0059113_227588.jpg

d0059113_226987.jpg


『フランス文化広報せりふに任命されてから 4ヶ月ぶりにこのような席に立つようになって光栄です。
映画俳優としてフランス若者達に私たちの映像物を伝えるという約束を守ってほほえましい。韓仏修交後 120年という時間が経ったがお互いにいくら深く分かるかは考えて見なければならない。
このような席を通じてお互いの交流を広げてたくさん分かって行くことができる席になれば良いだろう。
仏語科出身俳優で文化広報名誉大使になったが私を通じて韓国とフランスが深みのある文化交流を分けることができたらもっとない光栄と思う』


スペシャルサンクス:ちかっぱさん
[PR]
by gomazokun | 2006-06-04 22:07 | 記事