コオロギ君
掲示板のほうで話題にしていた
RED2の「こおろぎ君」というセリフについての解釈です。

まーネタバレってレベルの話ではないんですけど
ご希望者だけご覧ください(^.^)

special thanks kiku-san

More
[PR]
# by gomazokun | 2013-12-08 21:50 | 映画
생일 축하해요!
d0059113_19494127.png


今年の誕生日はいろんな意味で記憶に残ることでしょう
誕生日の大半を飛行機の中で過ごすでしょうし
帰ってきたら日付は変わってるでしょうしw

大忙しの誕生日ですね

殿にとって記念すべき1年の始まりですね(^.^)

많은 사랑 ,많은 웃음, 더욱더 많은 행복이 항상 당신과 함께 하길 바랍니다.
[PR]
# by gomazokun | 2013-07-12 19:49 | その他
결혼 축하 드립니다
d0059113_22533848.jpg


私的にはやっとという感じもありますが
殿の結婚が正式に発表になりましたね

私はほっとした気持ちが大きいです
悔しいとかがっかりとかいろいろ思われる方もいるかもしれないですけど

これでやっと
変な女にひっかかったり
いろんな女優さんと噂になったり
ハラハラしなくても済むじゃないですかw

それにミンジョンssi
かわいいし
かわいいんだけど
どっか頼りがいがありそうな(そう思うのは私だけでしょうか?)
しっかりした感じもするし

いいお相手にめぐりあえたなーって
そう思います。
やはり彼女とは縁があったんでしょうね

お幸せに~

앞으로도 행복하게 잘사세요
[PR]
# by gomazokun | 2013-06-05 22:58 | その他
「王になった男」好きなシーン①
今日、6回目(1回目は字幕なしで見たのであんまり理解できてないですが)を見てきました。
私は見るたびに引き込まれるシーンが違うんですけど
でも、やはりぐっと来るシーンは同じかなぁ
見るたびに新しい発見もあり
何度も見ても面白いですね

さて、その中でも好きなシーンというか
さすが!と思えるシーンをピックアップしたいと思います。
(多分、マニア的目線かもしれないですが。。。)

More(ネタバレです)
[PR]
# by gomazokun | 2013-03-20 22:19 | 映画
「王になった男」余談ですが②
今日は映画の日でしたー
たまたま1時間早く出勤する日だったので
18時10分からの回に間に合うように
早く退社できましたwww
それはおいといてー
今回で字幕付き3回目の鑑賞でしたけど
毎回、新しい発見がありますねー
やっぱ殿の映画は「するめ」ですね

さて、今回は

More
[PR]
# by gomazokun | 2013-03-01 22:23 | 映画
「王になった男」余談ですが①
銀のスッカラ

少しネタバレになりますので
興味のある方だけどうぞ

More
[PR]
# by gomazokun | 2013-02-17 22:20 | 映画
ソウル珍道中2012(その3)
さてさて
続きでーす。

飴ちゃんに続き
次はなんとハグでしたー
殿の一人目は普通に(w
でも、ほんまに優しい顔してましたねー
(私の位置からだと背中しか見えなかったので後日記事で見ましたがw)
二人目は実は午前中にちょっとご挨拶した女性がハグされる番でした。
殿は彼女に背骨折り~みたいなハグしてました。
ま、これも長年のファンに対してだからできることなんやろなーって
そう思いますね
背骨折りの後、彼女に何か話しかけてました
次はスンリョンssiです。
おもむろに舞台袖であの衣装のまま
腕立て伏せを始めます。
その次は足をひねってストレッチ?
会場大爆笑
スンリョンssiはさらっとウケ狙いする人なんですね
登場したときもあの衣装にサングラスをしてたしwww
ハグしてもらった女性もすんごい熱狂的なファンで舞台袖で待機してるときから
キャーキャーゆーてましたw
スンリョンssiのファンは人数では殿のファンに負けてたかもしれないけど
熱狂的なファン多かったです
声援では負けてた気がします。。。
会場のあちこちにハートの中に「リュ・スンリョン」て書いた紙を
ガムテープで張りまくりでした。
さて、その次はサイン会~
おもむろにステージ上にテーブルが運ばれてきます。
ここでやっと数時間ロープで囲まれてたNさんの出番がやってきましたー
順番にステージに上がって
5人全員にサインを貰います(いいなぁーーーーー)
殿は一人ひとりに何か話しかけたり
ファンがここぞとばかりに話しかけたりで
先頭の殿のところでやや渋滞気味www
でも、しっかりと目を見て真剣に話を聞いてます
すごいよなぁって眺めてました。
先頭の殿と次のスンリョンssiのところで渋滞気味なので
最後のキム・イングォンssiはやや暇そうwww
サインは最初50人とかゆーてましたけど
何気に人数が水増しされてる気配。。。
後から来た人がステージになぜ上がれてたのかそれは謎。。。マジックですか?
サイン会が終わって、テーブル撤去~
ここで、殿、サインを失敗してテーブルの上や下にポイポイ投げてた紙をちゃんと自分で拾って
スタッフに渡すwww
これがなんかかわいかったです

最後に出演者全員でクンジョルでご挨拶~
記事を見ると殿が一番頭が低い感じですね
殿のクンジョルってかっこいいですよね
生で見れて感激しましたー

さて、もう退場の時間になってしまいました。。。
左袖のほうにみなさん引き上げます
と、思ったら殿。。。
カーテン?の隙間から顔出す~みたいなwww
相変わらずおちゃめさんでした

イベントも終わり、かなりの疲労感というか脱力感。。。
地下鉄の階段も嫌になり
タクシーでチョンノへ~
晩ご飯は「本家」
d0059113_111699.jpg

この日初めてのまともな食事となりましたー
テンジャンチゲも美味しかったですよー
ビールも飲んで一人13000ウォンくらいでした。
あ、前日の晩ご飯一人10000ウォンかな

これはイベントで貰った「飴」です。(両面にデカイシールが貼ってあります)
ライターと比較してみましたw
d0059113_11383.jpg

でも、日本の飴と違ってカチンカチンじゃなくて
ちょっと柔らかいので平らな場所に置いておかないとグニャってなります
(まだ食べてないのでどんな味なのかわかりませんwww)

次の日は6時起きで朝一番の飛行機で帰ってきましたー
以上で、珍道中の報告は終了です。

あ、これはそのイベントの動画です。

http://www.youtube.com/watch?v=qP1EGjlTf70&feature=endscreen&NR=1
[PR]
# by gomazokun | 2012-10-27 01:01 | その他
ソウル珍道中2012(その2)
さてさて、2日目のお話。

まず先にお断りしておきますが
13日の午前中は韓国のファンクラブ「rubeurs」でのイベントがあり、私も参加しました。
めっちゃ楽しい時間を過ごしましたが。
会則により内容を公表できません。
また、メンバーの権利もきちんと守る義務があると思っておりますので、
申し訳ありませんがご了承下さい。

んで、イベントが終わり
COEXでの1000万人フライングイベントw
(正式名称なんですかね?)へ移動~
これが電車で結構かかる距離だったんですけど
移動途中に、午前中別行動をとっていたNさんから
「COEXに先に到着したけど、なんか整理券配ってる。どうしたらいいかな?」
ってメッセージが来たので
あまり深く考えもせず「もうといたらいいんちゃう?」って返しました。
(これが吉と出た~?)
そして暫くたって
「整理券貰ったけど、なんかロープで囲まれてもう出たらアカンてゆーてはる。。。
お昼も食べてへんのに。。。」
と半泣きのメッセージがw
私と一緒にいたKさんは
「んなことないやろー。あと3時間あるで。聞き違えはったんちゃう?」
ってのんきにCOEXに到着。
会場に行ってみたら、ほんまにロープで囲まれたエリアに隔離されてはりました(爆
なので、とりあえずお昼ご飯の確保してあげんとーって
すぐ前にあったマクドでビックマックセットを購入して手渡し。
会場はそこのエリア以外はまだ閑散としていたので
ステージの左側の最前列を確保。
イスはマスコミ席のみでそこの周りを取り囲むように
フェンスがあって、そこの一番前でした。
会場はこんな感じ~
私がいた場所からの風景です。
d0059113_21184334.jpg

16時になって、テンションの高いMCが現れ
光海のマニアックなクイズやらお汁粉早食い競争やらが始まりました。
景品は重たそうなおかゆ一箱とか、映画のチケット?とかでした。
私たちが参戦できるレベルではなく傍観(言葉も問題の内容もw)
俳優達の登場は17時30分と事前にアナウンスがあったんですけど、
だんだん人が増えてきて
言葉がわからないからゲームなどに参加できないくせに
ずーっと最前列で携帯いじったりおにぎり食べたりw
ってやってたらいつの間にかテレビに映ってたwww
すんげーつまらなそうな顔で(爆
(その日のうちに日本やらシンガポールの友人達からご指摘のメールが多数来ました)
隔離されてるNさんから「私、何の整理券もらったんやろー」
ってメッセージが来たけど、私たちもわからずw
無責任に「がんばれー」なんて返したり(ごめん)
そして18時予定よりも30分遅れて(ま、韓国では普通?)俳優さん達が登場~
これがまた私たちがいた左側のほうから出てきたもんで
この時すでに前に横に押し合いへし合い(ーー;)
俳優さん達のご挨拶もまともに聞けないほどの
ぐちゃぐちゃ状態。。。SP。。。なんとかしてー(と心の中で絶叫)
挨拶中の殿はこんな感じ
http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201210160859422010
といいつつもステージを凝視
他の方の挨拶の間
やはり殿はあっちキョロキョロ
こっちキョロキョロwww
「rubeurs」で作ったピンク광해のフラッグを見つけてうれしそう
ヒゲが気になるのかひげの辺りを触ってモゾモゾw
ご挨拶に続き
まずは飴のプレゼントに大きめのパネルにサイン~
ここで先ほどのゲームの勝者が現れましたー
殿はあの大きな口に長い飴をおもむろにくわえ
場内大歓声~
ポッキーゲームのように相手の女性が飴の反対側に喰らいつくと
更に大歓声?悲鳴?
その時の記事はこれですね
http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201210151003493310
サインする時にはちゃんと名前を聞いて書いてあげていました。
次はスンリョンssiの番でしたが、相手がなんと男の子
スンリョンssi露骨につまらなそうな顔して
男の子に飴をぽいっと投げ渡す
それを見てウケまくる殿
次はヒョジュssi、相手は若い男の子
ここで殿&スンリョンssiのおっさんペアは
コソコソ話しながらヒョジュssiを凝視(w
その後なんか殿はアイコンタクト及び大きく頷くw
(何を期待してるんだかw)
ヒョジュssiは飴を男子の口に手で突っ込みました。
ちょっとつまらなそうな2人www
キム・イングォンssiは刀を持って演舞?の後に
飴を刀で切り刻む。。。飴は粉々。。。
殿、仰け反って笑ってるし
本人もかなり楽しんでいる模様~

ちょっと長くなってしまうので
その3に続く~
今週末にはアップ予定ですー
[PR]
# by gomazokun | 2012-10-24 21:09 | その他
ソウル珍道中2012(その1)
ソウル珍道中

えーっと
今回は光海の公開後
映画を見に行きたいなーって思っていたところに
ピーチのバーゲンが!
片道3980円!
そりゃー行くしかない!
とチケットを確保したのが9月13日のことでした。
(3980円というのは片道の運賃なので
往復、諸経費込みだと12000円くらいでした)
その時点では1ヵ月後の10月13日に
こんな盛りだくさんのイベント開催になるとは思ってもいなく。。。
イベント開催決定は出発の数日前でしたねw
ラッキー(^・^)

てなことで、10月12日(金)
仕事を昼で早退し18時40分の便でお仲間のNさんとソウルへ~
仁川からいつもはA'rexに乗るのに
今回はリムジンに乗ることに。。。
(これが今回の騒動の始まり?)
ホテル付近の地図を見るとホテルのすぐ近所にリムジンのバス停があったのですが。。。
リムジンに乗ってから、そのバス停には空港からの便は止まらないことが判明
(空港へ向かう便は止まります)
で、一つ手前で降りたもののノノノノノ
ホテルにたどり着けず。。。
オフィスビル1階にあるコンビニで道を聞いたら
その兄ちゃんがオフィスビルの警備員さんに大声で
「アジョッシー(@@ホテルってどこ?」
って聞いたもんだから
通路を歩いていた別のアジョッシがどれどれと私のスマホを取り上げ
そこに日本語が話せる若いお兄さんに、
日本生まれだから日本語は大丈夫ですよって
自己紹介しながら話しかけてくれた若い女性と。。。
なんか大騒ぎになってしまいwww
ホテルに電話して場所を確認してくれ、最初のアジョッシが
全然、日本語話せないのに荷物も持ってくれて
ホテルまで連れて行ってくれました。。。
しかもそれが23時の話。。。
みなさんありがとうございました^^

ほんで、丁度同じ時期にソウルにいたM記者とご飯か映画に行こうと
22時30分にホテルで待ち合わせをしていたのですが。。。
はい、すでに23時なわけで
ホテル前でうろうろしているおっさん一名www
さらに近くのホテルに宿泊していたお仲間のKさんも誘って晩ご飯~
d0059113_195141.jpg

セマウル食堂です。
禁断の深夜の焼肉(爆
プルコギ&キムチチゲ
このキムチチゲが絶品!!!
ご飯に韓国海苔を沢山乗せて
その上にキムチチゲをぶっかけて食べるんです。
お腹が一杯になったあたりで
さらにM記者の友人2名(韓国で働いている日本人)が合流
この時点で1時頃だったかなぁ
3軒ほど隣の居酒屋さんへ移動~
d0059113_1113642.jpg

まっこり大会の始まり~
あ、私は飲めないのでコーラでしたけどwww
このチヂミジョンがもちもちして旨かったですー
韓国での世間話?(芸能界の噂話とか)に花を咲かせつつも
(ちなみに殿の韓国での評判はどうなのかと聞いたところ
「性格が悪いってウワサがあるので、あまり評判は良くないかも」って
あと、彼女と12歳差っていうのは日本ではたいしてびっくりしないかもしれないけど
韓国ではありえない!ってほど衝撃なんだそうです。。。
ここはちょっとその反応にびっくりでしたねー
性格が云々て話はインタビューにもあったように最近の役柄が影響していて
怖い、話しにくそうってイメージがあるようでした)
午前2時。。。翌日のハードスケジュールを考えw
私たち3名はここで退散とあいなりましたー
帰り道、チョンノの辺りはまだこんなに盛り上がっておりましたとさ
d0059113_1114948.jpg


その2はまた明日~
[PR]
# by gomazokun | 2012-10-21 00:49 | その他
CINE21 850号③
バリスタの資格証も取った


インタビューが、あまりにも久しぶりだと。
思い切り周辺で、最近、最も多く聞く質問は何ですか。

一番大きいのは、やはり結婚です。
少し前の妹(イ・ウニ) の結婚が大きかったです。
気持ちが本当に変でした。
私はいつも、お母さん、妹、
チャールズ(イ・ビョンホンの海外マネージャー)と一緒に暮らしていたのに、
振り返ると、妹もチャールズも結婚したのです。
それにソン代表、会社の会計をする友人のような普通の近い人ではなく、
私に重要なすべての人たちが、最近みんな結婚しました。
スケジュールがなくて遊んでいる期間だったら、
心が乱れていたように思います。



普通そんな時、自分に向けた総体的反省が始まりませんか。(笑い)

まだ考える余裕がないです。
妹の結婚式も、式を執り行うことが、私には重要なことでした。
結婚式の日は、涙を堪えるために、酷い目にあいました。
妹やお母さんは、涙もろい人なのかよく分かっているので、
私が精神を集中できないと大変な事になると思ったんですよ。
結婚式の二日後に妹に電話をしたのですが
“僕、撮影場なんだけど、どこ”と聞いたら、家だと言ったんですよ。
“お母さん、ちょっと代わって”と言うと
“いいえ、私たちの家だから”と言うんです。
電話を切るのに、気持ちが本当に変でしたよ。
お母さんは、本当に寂しいだろうな。
僕は分からなくても、お母さんに娘は、一番近い友達だから。
そんな考えたちが、やたらにしましたよ。



バリスタの資格を取りましたが。そんな趣味の生活をするなんて、少し見慣れません。

これ(インタビューの時イ・ビョンホンは、タンブラーに入ったコーヒーを持って来た)
私が作ったものです。
私はバリスタなのに、他の人が作ったものをどうして飲むのか。(笑い)
深刻にしたことではなくて、知り合いのお兄さんが一緒に通おうと言って、
付いて行くことになりました。
ちょうど「悪魔を見た」を撮ってから時間が少しあるから行ったのですが、
やってみると面白かったですよ。
職場に通う生活とは違って、この仕事をしてみると、
急に時間が、ぽっかりできるし、
与えられた時、何をしようかと思うことが多いです。
ただボーっとしていると時間がもったいないので、
そんな時、安らかになれるものたちは何か、
悩むようになります。
ワインも学びたいです。
眠れない時、一杯ワンショット飲んで終わらせるのではなく、
この小さな瓶の中に込められたワインの歴史を知ると、
私に与えられた空の時間が、もう少し豊かにならないかと思います。
映画も、家で、一人で見る方です。
コーヒーを飲む瞬間も、ワインを飲む瞬間も、映画を見る瞬間も、
乱れて気が抜けた私の生活を沈澱させる時間になってくれます。



学んで挑戦するところが開かれているのは、少し意外な姿です。

そんなことたちに、閉鎖的ではありません。
元々性格も好奇心多いし、無茶だし、あれこれ探してみる方です。
人々は、私が有名だからか、殆どのことは気に入らないと思うけれど、
私に対して、そんな考えをすること自体が、嫌です。
だから、さらに積極的に表現するようになります。
その上、私がバラエティやトークショーに出ないと、閉鎖的だと思います。
でも、大部分のバラエティは、自分の人生を話すものではないですか。
俳優が何故自分の話をしなければならないのか。
話してみると、結局自分の合理化で言い訳になります。
そんなツールがよく合って必要な人もいますが、私には違います。
その他の側面では、私は開かれています。



最近のケーブルTVで「明日は愛」を見ると、なお新しく感じます。
1992年から放送されたので、デビューの時の姿です。

20年前の姿を、そのように見せてくれるのは、
明らかなテロです。
一人で見るのも顔から火が出るのに、
それを全国放送で送りだすなんて。 (笑い)
また見たら、本当に若かったですよ。
頬の肉が、どんなに丸々としているか。
あの時の私のニックネームは、アヒルのお尻でした。
白のパンツが盛んに流行するから、
はちきれそうなジーパンをはいて通いました。



演技というよりは、本当に、そんな大学生みたいでした。
おかげで「明日は愛」が、同時代の観客に及ぼした影響力は、途方もなかったです。

それもそのはずなのが、
あの時はマネージャーにも疎かったです。
特に私のような公採出身は、よりそうでした。
7年間、マネージャーなしで通いました。
スタイリストもいないから、着て出た服は、すべて私の服です。
その週の分量が 4日分なら、
四種類の着装を合わせて行きます。
最大限自然なものを見せてあげようという気持ちがありました。
私が TV 見ながらいつも疑問だったのは、
何故、寝て起きても俳優たちは、
みんな、化粧をして綺麗なのかでした。
本当に起きた人のようにしなければいけないと思いました。
それで、髪を、わざわざやたらにもつれさせて、
折り畳むようにドライをしました。
そんなふうにリアルな姿を見せてくれるものは、
以前にはなかったです。
周辺からは、何であんなにまで乱れる必要があるのかと
言う視線もあったのですが、
視聴者によって、反応が届いたんですよ。
少し前に「明日は愛」のチームが再び集まったのですが、
ユン・ソクホ監督が、
その後の話を、 2部作一幕物でしてみても良いんじゃないかと、
おっしゃったんですよ。
あの時はキャンパスが背景だったのですが、
ボムスは建築学科の教授になっているのです。
でも、また会って編集されるなら、「愛と戦争」になるのか。(笑い)



「明日は愛」の話が出たついでに、
1991年 KBS 公採タレントでデビューした後、もう演技20年です。
アクションの演技が、すっかり増えましたが、大変ではないですか. (笑い)

会社員たちは課長、部長になることを考えながらストレスを受けますが、
代わりに、少ないけれど粘り強くお金を稼ぐし、
本人の具合が悪いと、代わりにしてくれる人もいます。
でも、私たちには、代わりをしてくれる人がいません。
あっ、チョン・ドゥホン武術監督がいますね。(笑い)
今になって違うこともできないし。
振り返ってみると、私が演技をすることになるのは、
本当に分からなかったです。
幼い頃、町内では大将でリーダーシップもあったのですが、
いざ学校で発表しろと言われると、言えませんでした。
他の人の前に立つのが、とても恥ずかしくて大変でした。
子役俳優だった妹の顔なじみだった他の俳優のお母さんが、
“君はタレントにしてもいい”ということを言うので、
話にならないと言ったのですが、
今は、これが、私の一生の職業になりました。
ところで、あっ、そうだ、「私は朝鮮の王だ」は、
大衆が好きな映画と言いましたが、
興行が上手くいかなければどうするか、心配です。

[PR]
# by gomazokun | 2012-04-25 22:39 | その他翻訳