コオロギ君
掲示板のほうで話題にしていた
RED2の「こおろぎ君」というセリフについての解釈です。

まーネタバレってレベルの話ではないんですけど
ご希望者だけご覧ください(^.^)

special thanks kiku-san




字幕で「コオロギ君」って出てきたときに
脈絡のない単語で
英語のセリフを思わず聞きそびれてしまってるんですけどw
(まだ観に行きますから、確認してきますねw)

あの一連のシーンのセリフの意味がいまいちわからなくて。。。
まずはコオロギ君の解釈から
「Little Grasshopper」なのか「Grasshopper」なのかで意味が多少違ってくるようですけど
多分littleがついてると思われますので
その説明を

燃えよ! カンフー(原題Kung Fu)というアメリカで1972年から放送されたドラマのセリフだったようです。
以下wikiさんより転用
『少林寺でケイン少年がつけられた
あだ名「Little Grasshopper」(小さなバッタ、日本語版では(コオロギ))は、
放送当時アメリカで流行語になった。』
そのシーンはこちら
https://www.youtube.com/watch?v=eGblsNXkJog

実際にGrasshopperって呼ばれてるシーン
https://www.youtube.com/watch?v=7pdsZ3wnElo


しかーし、これでもイマイチわからんわけでw
知恵袋さんにお助け頂いたところ
「まだまだ若いねー」の意味のようですね
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1448588029

ってことで、サラ(フランクの彼女)がイラン大使館員を誘惑していい感じになっていったので
フランクが慌てだす。。。そこに「まだまだ若いねぇ」って
20歳くらい年下のハンに言われる60歳近いおっさん
って感じでしょうか?

でも、きっと日本でまさか「コオロギ君」が話題になるとは殿も思ってなかったに違いないwww

※補足
先ほど、海外に住む日本人の友人から
映画を見てないけどとお断りの上ですが
普通は「若造とか青二才」というニュアンスで使うと教えてもらったので
この解釈で大丈夫だと思います。
[PR]
by gomazokun | 2013-12-08 21:50 | 映画
생일 축하해요! >>