「王になった男」余談ですが②
今日は映画の日でしたー
たまたま1時間早く出勤する日だったので
18時10分からの回に間に合うように
早く退社できましたwww
それはおいといてー
今回で字幕付き3回目の鑑賞でしたけど
毎回、新しい発見がありますねー
やっぱ殿の映画は「するめ」ですね

さて、今回は




王妃の懐刀についてです。
自害しようとしてハソンに取り上げられ
ハソンがお別れを言いに行った際に返すんですが
「何があっても生きていて下さい」と言って渡しますよね
懐刀というのはそもそも自衛の為ではなく
自尊心を守るためいざという時に自害するために持っているものなのですが。。。
生きていてくださいといってそれを渡す???
ハソンと別れた後に王妃が懐刀を鞘から抜いた時に
その謎が解けます。
みなさんお気づきでしたか?
王妃に返された懐刀は刃が短くなっていて
とても自害できそうにない状態にされているのです。
懐刀というのは必ず身に着けていなければならないものですから
返さないわけにはいかない
しかし、返してしまったら自害してしまうかもしれない
ハソンの心遣いですね
さて、確認の為にもう一回見に行ってみましょーwww
[PR]
by gomazokun | 2013-03-01 22:23 | 映画
<< 「王になった男」好きなシーン① 「王になった男」余談ですが① >>