ソウル珍道中2012(その2)
さてさて、2日目のお話。

まず先にお断りしておきますが
13日の午前中は韓国のファンクラブ「rubeurs」でのイベントがあり、私も参加しました。
めっちゃ楽しい時間を過ごしましたが。
会則により内容を公表できません。
また、メンバーの権利もきちんと守る義務があると思っておりますので、
申し訳ありませんがご了承下さい。

んで、イベントが終わり
COEXでの1000万人フライングイベントw
(正式名称なんですかね?)へ移動~
これが電車で結構かかる距離だったんですけど
移動途中に、午前中別行動をとっていたNさんから
「COEXに先に到着したけど、なんか整理券配ってる。どうしたらいいかな?」
ってメッセージが来たので
あまり深く考えもせず「もうといたらいいんちゃう?」って返しました。
(これが吉と出た~?)
そして暫くたって
「整理券貰ったけど、なんかロープで囲まれてもう出たらアカンてゆーてはる。。。
お昼も食べてへんのに。。。」
と半泣きのメッセージがw
私と一緒にいたKさんは
「んなことないやろー。あと3時間あるで。聞き違えはったんちゃう?」
ってのんきにCOEXに到着。
会場に行ってみたら、ほんまにロープで囲まれたエリアに隔離されてはりました(爆
なので、とりあえずお昼ご飯の確保してあげんとーって
すぐ前にあったマクドでビックマックセットを購入して手渡し。
会場はそこのエリア以外はまだ閑散としていたので
ステージの左側の最前列を確保。
イスはマスコミ席のみでそこの周りを取り囲むように
フェンスがあって、そこの一番前でした。
会場はこんな感じ~
私がいた場所からの風景です。
d0059113_21184334.jpg

16時になって、テンションの高いMCが現れ
光海のマニアックなクイズやらお汁粉早食い競争やらが始まりました。
景品は重たそうなおかゆ一箱とか、映画のチケット?とかでした。
私たちが参戦できるレベルではなく傍観(言葉も問題の内容もw)
俳優達の登場は17時30分と事前にアナウンスがあったんですけど、
だんだん人が増えてきて
言葉がわからないからゲームなどに参加できないくせに
ずーっと最前列で携帯いじったりおにぎり食べたりw
ってやってたらいつの間にかテレビに映ってたwww
すんげーつまらなそうな顔で(爆
(その日のうちに日本やらシンガポールの友人達からご指摘のメールが多数来ました)
隔離されてるNさんから「私、何の整理券もらったんやろー」
ってメッセージが来たけど、私たちもわからずw
無責任に「がんばれー」なんて返したり(ごめん)
そして18時予定よりも30分遅れて(ま、韓国では普通?)俳優さん達が登場~
これがまた私たちがいた左側のほうから出てきたもんで
この時すでに前に横に押し合いへし合い(ーー;)
俳優さん達のご挨拶もまともに聞けないほどの
ぐちゃぐちゃ状態。。。SP。。。なんとかしてー(と心の中で絶叫)
挨拶中の殿はこんな感じ
http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201210160859422010
といいつつもステージを凝視
他の方の挨拶の間
やはり殿はあっちキョロキョロ
こっちキョロキョロwww
「rubeurs」で作ったピンク광해のフラッグを見つけてうれしそう
ヒゲが気になるのかひげの辺りを触ってモゾモゾw
ご挨拶に続き
まずは飴のプレゼントに大きめのパネルにサイン~
ここで先ほどのゲームの勝者が現れましたー
殿はあの大きな口に長い飴をおもむろにくわえ
場内大歓声~
ポッキーゲームのように相手の女性が飴の反対側に喰らいつくと
更に大歓声?悲鳴?
その時の記事はこれですね
http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201210151003493310
サインする時にはちゃんと名前を聞いて書いてあげていました。
次はスンリョンssiの番でしたが、相手がなんと男の子
スンリョンssi露骨につまらなそうな顔して
男の子に飴をぽいっと投げ渡す
それを見てウケまくる殿
次はヒョジュssi、相手は若い男の子
ここで殿&スンリョンssiのおっさんペアは
コソコソ話しながらヒョジュssiを凝視(w
その後なんか殿はアイコンタクト及び大きく頷くw
(何を期待してるんだかw)
ヒョジュssiは飴を男子の口に手で突っ込みました。
ちょっとつまらなそうな2人www
キム・イングォンssiは刀を持って演舞?の後に
飴を刀で切り刻む。。。飴は粉々。。。
殿、仰け反って笑ってるし
本人もかなり楽しんでいる模様~

ちょっと長くなってしまうので
その3に続く~
今週末にはアップ予定ですー
[PR]
by gomazokun | 2012-10-24 21:09 | その他
<< ソウル珍道中2012(その3) ソウル珍道中2012(その1) >>